おもてなし家 あおしゅんのJapan101♪

外国の方々に絶対に泣いて笑って喜んでもらえる?!「おもてなし家」、おもてなし好きあおしゅんが、外国の方々へのおもてなし体験やノウハウをゆる~く紹介しています♪ v(^-^)v

「平成」から「令和」へ♬ 時代の変わり目もおもてなし♬ (^-^)

f:id:solbolle:20190501115249j:plain

 

 

今日も腰が低い おもてなし好きのあおしゅんです♪

 

新時代明けましておめでとうございます!

今時代もよろしくお願いいたします!

 

平成31年4月30日(火)から令和元年5月1日(水)にかけて、あおしゅん流おもてなしを楽しくしていました♪

 

平成をおもてなしで終わり、

令和をおもてなしで始まりました♪

自分としては、うれしい限りで、少しほこらしくも感じます♪

 

米国での大学院時代に、少しの期間一緒に勉強した中国出身の友人とフランス出身のご主人様、またお二人の友人で中国出身の方と4人で、上野にある「音音」(おとおと)というレストランでディナーをしました♪

 

このレストランは、和もありおしゃれで外国の方々には、ウケがよさそうと思って、たまに使っています♪

f:id:solbolle:20190501121623j:plain

f:id:solbolle:20190501121553j:plainf:id:solbolle:20190501121658j:plain

 

ご主人様とは、2年前にパリでお会いしていたので、今回は2回目となりますが、ご友人は、わたしも会うのが初めてでした。みなさん、すごくインターナショナルで、かつアクティブで、優秀な方々とお話をしているとすごく刺激を受けます♪

 

そして、わたしもおもてなしをしている時は、常に日本を代表している気持ちです♪

 

ギフトは、いつもの通り、ラルフローレンのタオルハンカチ。(笑)

フランスの方は、今回、日本が初めてだったようで、日本人がいかに礼儀正しいかということを力説してくださいました。

 

今回のJapan101講座は、「乾杯」について♪

フランスを始め、欧州(米国でもそうですが)では、乾杯をする際、一人一人相手の目を見て乾杯をします。日本では、西洋文化とは異なり、必ずしも相手の目を見る必要はありません。

ただし、特に接待や職場などでは注意が必要となりますが、乾杯をする際に、グラスやジョッキなどをどの位置で相手のグラスやジョッキなどにあてるかが、重要となります。

 

目上の人に対しては、相手のグラスやジョッキより下にあてます。

わからない場合や微妙な場合は、とにかく相手の下をいくようにしましょう、そして、相手も下へ下へとグラスやジョッキを降ろしてきた場合、自分もどんどん下げて、グラスの底をテーブルにつけてOKなので、テーブルの上で乾杯しましょうと。

それが正しいかどうかはさておき(笑)、少々、あおしゅん流の乾杯方法をデモさせていただきました。

 

まぁ、ウケていました。笑

 

それでは、平成の時代は、きっと趣味と言えてしまうほどおもてなしをしてきましたが、令和の時代も引き続き、外国の方々へのおもてなしをあおしゅん流で行っていきたいと思います。

 

それでは、引き続きよいゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。

 

以上 おもてなし好きのあおしゅんでした♪